シアリスの最大の売りはやはり効果の持続時間にあると言えると思います。長時間効果が持続することにより飲むタイミングにも幅ができます。シアリスについていろいろ紹介していきます。

シアリスの写真

年齢が上がるとEDのリスク、シアリスの若返り効果

年齢が上がるごとに、ED(勃起障害)のリスクは高くなります。日本人男性は、60歳を過ぎるとほとんどの人が何らかの勃起の悩みを抱えていると言われています。
年齢が高くなるとEDになりやすくなるのは、動脈硬化が関係しています。体の不具合が原因で起こるEDは、器質性EDといいます。器質性EDの原因で最も多いのが、動脈硬化です。
動脈硬化のリスクを高める病気として、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、などの生活習慣病があげられます。こういった病気は、体が衰えてくる高齢者に多くなります。
特に高血圧は加齢でほとんどの人が経験する症状です。
動脈硬化が進んでしまうと、血管の弾力性がなくなって硬くなり、ペニスへの血液供給が不十分になってしまうのでEDが起こりやすくなります。
これに対して使われるED治療薬のひとつに、シアリスがあります。第三のED治療薬で、従来の薬よりも副作用が弱くなっていて、効果持続時間が36時間も続くのが特徴です。
シアリスを飲むと、全身の血流が改善します。
血管を広げる物質であるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)をPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)が壊してしまうことで血管が広がりにくくなります。
シアリスは、PDE5の作用を邪魔して、血管がしっかり広がれるように助けてくれます。すると血流がアップして、EDの症状が改善するというわけです。
血流がよくなることで、若返り効果も期待することができます。血液のめぐりが悪いと全身の細胞に酸素や栄養素が十分に運ばれなくなって細胞が老化してしまいます。
ここでシアリスを使って全身の細胞にしっかりと栄養と酸素を届けられるようになると、細胞が元気になり、全身が若返る効果が期待できます。