シアリスの最大の売りはやはり効果の持続時間にあると言えると思います。長時間効果が持続することにより飲むタイミングにも幅ができます。シアリスについていろいろ紹介していきます。

シアリスの写真

シアリスで薬を飲む時間の悩みを解消

ED治療薬は、世界初のバイアグラ、レビトラ、シアリスと続いて登場しています。
バイアグラの主成分はシルデナフィル、レビトラではバルデナフィル、そしてシアリスにはタダラフィルが配合されています。これらの3つ薬の主成分は、いずれも体内酵素のPDE5を阻害する作用を持っています。
PDE5という酵素は、拡張して大量の血液が流れ込み勃起の状態にある陰茎内部の動脈血管を弛緩させることで勃起の終息をもたらす酵素です。このPDE5酵素の働きを邪魔することで勃起の持続を助けるのがバイアグラ、レビトラ、シアリスの効能です。
同じくPDE5酵素阻害薬でありながら、バイアグラ・レビトラとシアリスの間には使用方法などに大きな違いがあります。それは、バイアグラとレビトラでは空腹時に服用することで効果を発揮し食事の影響を受けやすくまた薬の効果の持続時間が短いのに対し、シアリスは飲酒や食事との相性がそれほど悪くなく効果が続く時間がかなり長めになっているという点です。
バイアグラ・レビトラでは、男性にとっては性行為がいつになるかを考えて薬を飲み、効果が続いている時間内に慌ただしくセックスを済ませなければならないというプレッシャーや悩みがつきものでしたが、シアリスはこの点を改善して開発されています。
シアリスの効果の持続時間は、個人的な差はありますが24時間から36時間とバイアグラやレビトラに比較しかなり長くなっています。その長時間の効果については、欧米などでウイークエンドピルと呼ばれるほどです。これは、1回服用しておくことで週末のデートや旅行などで性生活をたっぷり楽しめるという意味で、世界的に大人気となっています。
シアリスの登場により、性行為の時間を気にしながら薬を飲んで急いでセックスをしなくてはならないという男性の切実な悩みが解消されたと言えます。